topics
"commuko(コミュコ)"というサービスを準備中です
こんにちは、佐竹麗です。
本当に久々のエントリーとなりました。
こんな綺麗なにblogを作っていただいたのに、ほんとーにもったいない(-"-;)。
ここからは、週1回程度、みなさんに日々のことやプロジェクトの進捗状況など、ご報告していきたいと思います^^
どうぞよろしくお願いします!

さて、今日は早速プロジェクトの進捗状況を少々ご報告したいと思います。
team rippleの初めてのプロジェクトとなる、"commuko(コミュコ)"というサービスを立ち上げようと、昨年から緩やかに準備を進めています。

"commuko"は、"community+kodomo"。ご近所さん同士、お友達同士の子どもの預け合い預かり合いをサポートするウェブツールです。
プロトタイプとしては、メンバーがリアルな友人知人を一つのグループとして登録し、そのグループに「SOS」を出すこと、つまり「子どもを預かってほしい」というリクエストを出すと、対応可能な別のメンバーが「いいよ」と返事をする、というシンプルなものを考えています。

ウェブ上でのコミュニケーションもそうですが、リアルな人間関係は微妙な部分もありますし、こうしたツールがどこまで機能するのか、私たちにとっても全くの未知数です。みなさんにいろいろと教えていただきながら、自分たちでも活用しながら、少しずつ多くの方にとってフィットした豊かなツールにしていきたいと、胸を高鳴らせると同時に気を引き締めているところです。

commukoの機能がどこまで通用するかどうかは未知数とはいえ、私の個人的な実感や経験からしても、ちょっとした時に頼れる友人知人ご近所さんが自分についていてくれる!と思えるだけで、子育てをしているご夫婦の心は少なからず前向きに、軽やかになるでしょうし、都合さえ合えば「喜んでお子さんを預かりするわ」という方も少なくないはず。

社会の中で埋もれているリソースを発掘しうまくニーズとマッチングする。このツールがそのサポートをできたとしたら、それは本当にうれしいことだし、社会的にも少なからず貢献できることなのではないかと、私たちは考えています。そしてできれば、その先にある豊かな未来を、みなさんと一緒に作っていけたらと、心から願っています。

みなさん、どうぞお知恵とお力をお貸しくださいね。

さてさて、本日のラストに、
みなさんにcommukoのロゴをお披露目しようと思います!

このブログをデザインしてくださった齋藤重之さんに、commukoのコンセプトをお伝えし、作っていただいたのがこれ。

commuko.png


かわいいでしょう?
大きなゾウは大人でcommunity。
その中で、安心して子どもがすくすくと育っていく......。
何度見ても、いいロゴです!(自画自賛ですみません、苦笑)。

それにしても、今日は久々に穏やかな陽気でした~。
我が家は午後いっぱい子どもはお友達と遊び、夫と私は家でボサノバを聞きながら、靴の手入れをしたり、小さなお仕事を片付けたり、この記事を書いたり、うたた寝したり......贅沢な午後でした。

これから友人宅でイタリアンパーティーです^-^)
みなさんも、楽しい週末をお過ごしください。

うらら拝


topics Archives
2011年4月[1]
2011年3月[3]
2010年4月[1]
2009年10月[1]